存在のない子供たち – ナディーン・ラバキー

わずか12歳で、裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれた ゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。学校へ通うこともな く、兄妹たちと路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に働かされている。唯一の支えだった大切な妹が 11 歳 で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出したゼインを待っていたのは、大人たちが作ったさらに過酷 な“現実”だった──。

https://filmarks.com/movies/79340

中東の貧民街で暮らす人々の厳しい暮らしと、その過酷な現状を子供たちの視点から描いた話題作『存在のない子供たち』が、7月20日から日本でも劇場公開された。今年のアカデミー賞とゴールデングローブの外国語映画賞にノミネートされた作品だけに、その内容とクオリティの高さへの大きな期待を持って鑑賞に臨んだ本作。

気になるその内容と出来は、果たしてどのようなものだったのか?

https://cinema.ne.jp/article/detail/44004

Votre commentaire

Choisissez une méthode de connexion pour poster votre commentaire:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l’aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l’aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l’aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s